2012年 06月 25日
Tavan Tolgoi石炭鉱区、外国投資はまだ未決定
Reuters によれば、モンゴルの石炭鉱区のTavan Tolgoiの西側の開発について、エルベグドルジ大統領は、まだ外国投資の企業について決定していないと語った。昨年には中国のShenhua Group、米国のPeabody、ロシア-モンゴルグループのコンソシアムで開発権がまとまったとされたが、7月にはそれを撤回している。

モンゴルは2大大国に挟まれていて、国家安全保障から考えても、政策から考えても海外からの投資はバランスが大事であるともエルベグドルジ大統領は語っている。投資の扉はまだ開いているということである。
e0220385_1603266.jpg

Tavan Tolgoi 東側鉱区

(by モンゴル株ドットコム)

下のボタンをお押しください。

人気ブログランキングへ
[PR]

by mongolia-kabu | 2012-06-25 16:01 | 鉱業


<< 世界銀行、金融引締めを促す      モンゴル、多くの富が >>