2012年 12月 30日
モンゴル、国債の急落
Financial Times紙12/10/2012 は、モンゴル人民革命党が連立を解除する恐れがあるというニュースで一時的に債券市場でパニックが起こったと報じている。これにより、モンゴル国債の利回りは8%に上昇した。
Moody’sはこれに対して、このような地方政府の話は直接的な問題ではないとしている。連立が解消されても過半数の民主党が政治的力を保持すると見られる。国会はこのまま機能すると見られている。

それよりも重要なのは投資法や財政的な安定である。十分な投資法はインフラ融資を受けるためにも必要で、外国投資の流入の促進が重要である。財政安定化法も必要とされている。


(by モンゴル株ドットコム)

下のボタンをお押しください。

人気ブログランキングへ
[PR]

by mongolia-kabu | 2012-12-30 09:15 | 金融


<< モンゴル、経済の冷え込み      日本初!「ミャンマー・コンドミ... >>