2013年 09月 04日
モンゴル、外国投資法再考
South China Morning Post紙9/4/2013は、モンゴルが昨年の外国投資法制定以来、外国投資が減少していることもあり、同法の改正を検討していると報じている。昨年の外国直接投資額は20%減少した。今年は43%減とも言われている。それゆえ、モンゴル政府は従来の政策に戻そうとしている。既に改正の法律が国会で議論され、今月の特別召集国会で決定される見込みである。

改正の内容は、鉱業、銀行業、金融業、メディア・通信業などの戦略的分野への外資の制限に関してである。昨年5月に可決された現行法では、戦略的分野に33%以上の割合の投資を行う場合に政府の承認がいるということになっている。49%以上、1,000億ツグリグの投資の場合は、国会の承認がいる。

しかし、改正される内容にも、国有企業が戦略的分野に投資する場合には政府の承認が必要とされている。

(by モンゴル株ドットコム)

下のボタンをお押しください。

人気ブログランキングへ
[PR]

by mongolia-kabu | 2013-09-04 09:41 | 投資環境


<< モンゴル不動産の上昇      モンゴル証券口座開設 >>