カテゴリ:鉱業( 11 )

2013年 08月 29日
鉄道の完成でモンゴル石炭の輸出の復活を望む
South China Morning Post紙8/29/2013は、中国との鉄道が完成する2015年の全般にはモンゴルの石炭輸出は復活すると報じている。中国需要の面でモンゴルの石炭は十分な競争力がある。ただし障害は輸送の問題である。

Mongolian Mining社によれば、今年前半は前年の3,100万ドルの利益から2,520万ドルの損失に転落した。理由は石炭価格の下落と金利上昇である。

モンゴルは中国向けの石炭の輸出シェアーを著しく落とした。今年前半で36%減の600万トンであった。一方、豪州は2倍の1,330万トンになった。輸入原料炭の多くは、中国の沿海にある製鉄所に売られる。それで、鉄道郵送の場合には国境を越えてさらに鉄道路線が必要である。

豪州の石炭企業は生産性を上げて低価格を実現した。それで中国向け石炭のシェアーで豪州は昨年の26.2%から37.7%に拡大した。一方、モンゴルは35.7%から17%に縮小している。

(by モンゴル株ドットコム)

下のボタンをお押しください。

人気ブログランキングへ
[PR]

by mongolia-kabu | 2013-08-29 13:49 | 鉱業
2013年 01月 27日
モンゴル石炭企業Erdenes Tavan Tolgoiのトラブル
Financial Times 紙1/24/2013は、モンゴル国有石炭企業Erdenes Tavan Tolgoiの株式上場が資金面でトラブルとなり今年は無理と報じている。モンゴル経済は鉱物資源開発で昨年の経済成長は10%で今年は世界で二番目の成長となることが見込まれている。しかし、Erdenes Tavan Tolgoiの問題でその期待も悲観的になってきている。同企業の上場は政治的な論争やロンドン、香港、モンゴルの3市場への上場の思惑に影響されている。同社によると上場の延期は財務的問題であるという。

その財務的問題は同社の株式を全国民に1072株ずつ配ったところに発する。昨年の6月選挙の前に、政府は100万ツグリグ(760ドル)で株を買い戻す政策を実施した。この政策で、政府には約10億ドルの負担となった。Erdenes Tavan Tolgoiがまだ上場していないのにGDPの10分の1の負担となった訳である。政府はその資金の負担分を同社に負わせたのである。それで、石炭開発が出来なくなったのである。

加えて、中国のアルミ国有企業のChalcoとの紛争に陥っている。昨年、Chalcoは3億5,000万ドルを事前にErdenes Tavan Tolgoiに支払いをしていた。それは、市場価格に沿った価格で石炭を供給するという約束である。しかし、Erdenes Tavan Tolgoiは今月1億8,000万ドル分の未供給分を残して供給を停止した。資金不足からであった。同社は政府に5億ドルの支援を仰いでいるという情報もある。


(by モンゴル株ドットコム)

下のボタンをお押しください。

人気ブログランキングへ
[PR]

by mongolia-kabu | 2013-01-27 11:08 | 鉱業
2012年 07月 04日
モンゴル大統領、タバントルゴイの締め切りを今年中にと
e0220385_19155997.jpg

Business Mongoliaによれば、モンゴルのエルベグドルジ大統領がタバントルゴイ炭鉱の西側の開発に関して、今年中に期限を切って開発企業の選定を行うと発言した。

昨年来より5カ国の企業群からの入札に関してまだ、最終決定していない。Peabody Energy Corp、OAO Russian Railways、Shenhua Groupが西側鉱区の開発で、審議が停止している影響を受けている。

大統領は、今年中に関心のある企業との交渉を終了するよう政府に働きかけると語っている。

当初は、Shenhua Groupに40%、Peabodyがtaking 24%、Russia-Mongolian group が残り36%で開発権を得る方向でこの7月にも審議を再開するとされていた。

元々は日本の伊藤忠、双日、韓国企業がRussian Railwaysのグループとして入札していた。

(by モンゴル株ドットコム)

下のボタンをお押しください。

人気ブログランキングへ
[PR]

by mongolia-kabu | 2012-07-04 11:21 | 鉱業
2012年 06月 25日
Tavan Tolgoi石炭鉱区、外国投資はまだ未決定
Reuters によれば、モンゴルの石炭鉱区のTavan Tolgoiの西側の開発について、エルベグドルジ大統領は、まだ外国投資の企業について決定していないと語った。昨年には中国のShenhua Group、米国のPeabody、ロシア-モンゴルグループのコンソシアムで開発権がまとまったとされたが、7月にはそれを撤回している。

モンゴルは2大大国に挟まれていて、国家安全保障から考えても、政策から考えても海外からの投資はバランスが大事であるともエルベグドルジ大統領は語っている。投資の扉はまだ開いているということである。
e0220385_1603266.jpg

Tavan Tolgoi 東側鉱区

(by モンゴル株ドットコム)

下のボタンをお押しください。

人気ブログランキングへ
[PR]

by mongolia-kabu | 2012-06-25 16:01 | 鉱業
2012年 06月 13日
Temasek、Ivanhoe Minesの5.5%の持分取得
e0220385_231776.jpg

Financial Times によれば、シンガポールの政府系ファンドのTemasekは、カナダのIvanhoe Mines社の5.5%の持分を取得したと報じている。Temasekの持分は4,085万株で4億2,500万ドルの時価である。

Ivanhoe Mines社はモンゴルのOyu Tolgoi鉱山の権益の66%保有し、残りはモンゴル政府が保有している。Oyu Tolgoi鉱山は世界でも最大級の銅と金の鉱床で中国国境近くに位置する。

Ivanhoe Mines社はロンドン上場のRio Tintoに支配されている。

モンゴルは昨年の成長率が17%で、銅や金、石炭の鉱床を巡って世界的な鉱山会社のRio TintoやPeabody 、Shenhuaが投資を行っている。

Ivanhoe Mines社の調査によれば、Oyu Tolgoi鉱床は410億ポンドの銅と2,100万オンスの金が埋蔵しているという。

(by モンゴル株ドットコム)

下のボタンをお押しください。

人気ブログランキングへ
[PR]

by mongolia-kabu | 2012-06-13 23:16 | 鉱業
2012年 06月 12日
Erdenes Tavan Tolgoi株の状況
UB Post によれば、Erdenes Tavan Tolgoiの株式分配について具体的になってきている。発行株全体の20%はモンゴル国民に配られる。一人当たり1,072株の分配になる。また10%がモンゴルの民間企業に1株933MNTで売却される。現在、150万人の国民が株式を売却し、現金化することを要求している。

同社の株式を購入できる企業はGeneral Department of Taxation (GDT)によって選定されるという。また、購入企業は国民が売却する株式を買うことになるという。

また、100万MNTを受領する者は株式を受け取らず、学費の支払いに充当する学生は、残りの分の株式をもらうことになる。
e0220385_2048094.jpg

Erdenes Tavan Tolgoiのブース

(by モンゴル株ドットコム)

下のボタンをお押しください。

人気ブログランキングへ
[PR]

by mongolia-kabu | 2012-06-12 20:44 | 鉱業
2012年 06月 06日
Erdenes Tavan Tolgoi、時価総額106億ドルの可能性も
e0220385_20211322.jpg

Business Mongoliaによれば、来年にも上場が予定されている国有企業のErdenes Tavan Tolgoiの時価総額が106億ドルになる可能性があると報じている。Frontier証券がそのような資産を行った。

それによれば、Webによる政府の発表をもとにすると1株当たりの価値は933テゥグリグ(0.708ドル)で、同社の株数が150億株であることから計算した。

予定によれば、同社は香港、ロンドン、モンゴルで上場し30億ドルの資金調達を行うとしている。

UOB-Kay Hian Ltd.のアナリストによれば、Mongolia Mining Corpとも比較して、同社の価値は合理的であるという。しかし、市場の雰囲気は現在弱気で、投資家はそんなに魅力的には思わないかもしれないという。モンゴル最大の原料炭の輸出企業のMongolia Mining Corpの時価総額は25億ドルである。

(by モンゴル株ドットコム)

下のボタンをお押しください。

人気ブログランキングへ
[PR]

by mongolia-kabu | 2012-06-06 20:21 | 鉱業
2012年 06月 05日
特別鉱業ライセンス、5年間発行停止に
Business Mongoliaによれば、鉱業資源エネルギー省のD.Zorigt大臣が、21州の326箇所における新たな特別鉱業ライセンスは、今後5年間は発行しない予定であると発言した。環境保護のために鉱業ライセンスの発行数を減らしていくという。その結果、特別鉱業ライセンスの地域はモンゴル国土の44.5%から14.2%に減少する見込みである。

(by モンゴル株ドットコム)

下のボタンをお押しください。

人気ブログランキングへ
[PR]

by mongolia-kabu | 2012-06-05 19:59 | 鉱業
2012年 05月 14日
Erdenes Tavan TolgoiのIPO延期は企業価値を高める
e0220385_9473694.jpg

UB Post は、来年にもロンドンとモンゴルに上場する予定のErdenes Tavan TolgoiのB. Enebish CEOのインタビュー記事を掲載している。

2011年には100万トンの石炭を採掘した。2012年には100万トンの石炭を採掘し、それを輸出する準備ができている。今年の見通しは300万トンの採掘であるが、設備の稼働が比較的上手くいっているので400万トンに拡大する予定である。弊社の生産は年々増加している。

モンゴル政府は外国の証券会社やアドザイザーの支援を得てErdenes Tavan Tolgoiの株式を上場させることに異論はない。しかし、上場は来年の3、4月に延期された。その理由は以下の4つがある。

まず、上場するには投資家の構成を明らかにしなければならないが、今回のIPOではこれがまだ明確ではないことである。政府は、Erdenes Tavan Tolgoiの株式の20%をモンゴル国民が保有すると決定した。それで、株式の所有構成が不鮮明になってきた。誰が株式を持つのか?政府が他の企業に割当てるのか?または、政府が保有するのか?弊社は2011年に問題を解決しようとしたが、まだ解決には至っていない。2年前に、上場するのは全体の30%の株式であると決定された。しかし、今年1月にはそれが20%とされた。

次の要因は、企業価値を高めることである。弊社の場合はインフラ事業との関連性があり、石炭の採掘だけではない。石炭の加工工場、道路、鉄道など総合的になる。それにより弊社の企業価値が高まる。これらのインフラプロジェクトは今年夏以降に稼働すると見られている。

3つ目のポイントは、西側の鉱区の開発状況である。West Tsankhi鉱区の状況がまだはっきりしていない。弊社の事業の東側のEast Tsankhi鉱区はほぼ事業計画が出来ているが、西側はまだである。西側の開発計画によって弊社の企業価値も変わってくるので、その評価を待つしかない。

4つ目は、現在の世界的な株式市場の不安定さである。特に昨年であるが、市況はどちらかと言うと不安定である。多くの企業がIPOを延期しているが、弊社もそれに従うようになっている。アドバイザーの投資銀行も延期を薦めている。延期することで充分に準備ができ、企業価値を高めることができる。


IPOの延期により、当面の資金調達の必要性がある。現在、多くの投資家と話し合いをしている。石炭の販売や、予約販売、融資などいろいろな手段を探っている。

これまで説明したとおり、弊社のプロジェクトはインフラを含めた大規模なプロジェクトであり、一企業だけでなく、モンゴルの国としてのインフラプロジェクトでもある。

弊社の利益を高めるために、鉄道の建設は早急に必要である。鉄道の敷設は企業価値に大いに関係して来る。向こう、2、3年でこの鉄道は完成すると見込んでいる。


(by モンゴル株ドットコム)


下のボタンをお押しください。

人気ブログランキングへ
[PR]

by mongolia-kabu | 2012-05-14 09:47 | 鉱業
2012年 05月 10日
インド、モンゴルの石炭鉱区を取得予定
e0220385_20534645.jpg

Business Mongoliaによれば、インドは豪州の原料炭への依存度を減らすためにモンゴルの石炭鉱区を取得する予定であると報じている。また、製鉄所の建設も行う予定である。

インド鉄鋼公社会長と鉄鋼省の担当者をモンゴルに派遣し、覚書を結ぶ予定である。同公社Verma会長によれば、モンゴル政府と覚書を結び原料炭の鉱区を割り当ててもらう意向で、この件について1年程交渉を続けていたという。モンゴルの原料炭の品質は良く、インドではないという。

計画によれば、鉱区を取得し、現地に製鉄所を建設し、その石炭を使用する。残った石炭は中国の港経由でインドに輸出する。

モンゴルには豊富な原料炭の鉱区があるが、自国での製鉄所は無い。

(by モンゴル株ドットコム)


下のボタンをお押しください。

人気ブログランキングへ
[PR]

by mongolia-kabu | 2012-05-10 20:53 | 鉱業