<   2012年 02月 ( 3 )   > この月の画像一覧

2012年 02月 11日
モンゴル、金融収縮
Financial Times 紙2/10/2012は、世界各国が金融緩和に向かっている中で、人口300万人のモンゴルが金融収縮に陥っていると報じている。モンゴルのGDP成長率は、昨年は15%であった。経済過熱とインフレで政府は金融引締めを行っている。その結果、銀行は昨年の秋から流動性の収縮に陥っている。商業融資は非常に難しくなっている。

モンゴルは、インフレを抑えるために預金準備率を引上げ、金利も引き上げた。それによって、銀行には資金がなく、高成長、融資の高い伸びで流動性もなくなっている。

そして、モンゴルの金融機関は国外に資金を求めている。現在海外調達金利は8%であるが、この金利は益々上昇すると見られている。現状、銀行の資本は十分であるが、大規模な鉱山やインフラ、都市、住宅などのプロジェクトで、相当の投資が必要とされ、銀行セクターでは調達が難しいと言われている。向こう4~5年で銀行は資本不足との予想もある。

いくつかの外国金融機関は、モンゴルに期待を寄せている。Goldman Sachsは、モンゴルの民間銀行のモンゴル貿易開発銀行の4.8%の持分を5,000万ドル程度で取得した。(by モンゴル株ドットコム)


下のボタンをお押しください。


人気ブログランキングへ
[PR]

by mongolia-kabu | 2012-02-11 12:58 | 金融
2012年 02月 02日
カンボジアIPOに関するQ&A
昨日、カンボジア株ドットコムの方で、カンボジア株式のIPOのスケジュールについて掲載したところ、読者の方々から、質問が寄せられましたので、現地大手証券会社に問い合わせをしてみました。
ここではその回答をお知らせしたいと思います。

Q:IPOの参加は外国人でもできるのですか?できるのであれば、具体的に方法を教えてください。
A:はい。外国人でも参加できます。具体的な方法は、少なくともロードショー&ブックビルディングの前までに、証券取引口座と決済指定銀行口座、投資家IDの取得を行っておく必要があります。そして、ブックビルディング、応募の手続きをとります。

Q:証券口座と銀行口座、投資家IDを取るにはカンボジアに行かないとできないのですか?
A:現地に行かなくとも、日本から書類の郵送で口座開設は可能です。

Q:証券口座と銀行口座はどの金融機関に開設すればよいのですか?
A:引受証券会社のA証券会社かまたはA社が指定するH証券会社です。ただし、A証券会社は、法人と富裕層の口座しか受け付けませんので、一般個人はH証券会社の口座となります。銀行口座はA社が指定するZ銀行口座です。

Q:ブックビルディングと応募の手続きがありますが、両方とも参加しないといけないのでしょうか?
A:ブックビルディングは参加しないで応募しても可能です。しかし、大半の割当はブックビルディングに向けられますので、両方に参加した方が取得できる可能性は高いと考えられます。

Q:応募には預託金のようなものはあるのでしょうか?
A:はい、あります。ブックビルディング前に10%、応募の際は応募金額の全額100%をZ銀行に預けておく必要があります。

Q:応募期間が3日間と短いのですが、具体的に応募手続きはどうなるのでしょうか?
A:この部分が今、重要になっています。カンボジア証券取引委員会(SECC)が具体的な事務手続きの決定をしていませんので未定ですが、最悪の場合は現地にいかないとダメなようです。しかし、応募書類の原本をカンボジアに郵送することで応募できる可能性が高いようです。ただし、募集期間は3日間ですから、確実に郵送で届くかというリスクが残ります。この点、各証券会社はSECCに対して要望を出している模様です。

Q:郵送での証券口座、銀行口座、IPO事務手続きのサポートサービスはあるのですか?
A:はい、今体制を整えて、そのようなサポートが直ぐにできるように、現地複数の証券会社と毎日やり取りをしていますただし、これらのサポートは当面は、「カンボジア株式ニュース」の購読者の方々にご提供させていただきます。ご希望であれば、「カンボジア株式ニュース」のご購読をご検討ください。
--------------------------------------------------------------------------

『カンボジア株式ニュース』詳細・購入はこちらから! !
http://www.worldstock.jp/cart/12.html

下のボタンをお押しください。


人気ブログランキングへ
[PR]

by mongolia-kabu | 2012-02-02 23:25
2012年 02月 01日
速報!!本邦初公開 カンボジアIPO予定スケジュール
本日、現地大手証券会社より、A社のIPOのスケジュールについて詳しい情報をいただきました。それによると、今時点で予定されているIPOから上場までのスケジュールは以下の通りです。


ブックビルディング期間の発表  X月X日~X月X日

ロードショー&ブックビルディング X月X日~X月X日

応募期間 X月X日~X月X日

上場日 X月X日

取引開始日 X月X日

このIPOに参加するためには、少なくともロードショー&ブックビルディングの前までに、証券取引口座と決済指定銀行口座、投資家IDの取得を行っておく必要があります。

これらの手続きは、カンボジアに行かなくとも日本からの郵送で手続きは可能です。 しかし、問題はIPOの応募ですが、各証券会社が、カンボジア証券取引委員会(SECC)に要望を出していますが、最悪の場合、カンボジア現地に行くか、申込書を海外宅急便で送るなどの手続きになるとのことです。

カンボジア株ドットコムでは、既に複数の証券会社と提携を結び、さらに現地決済銀行口座も郵送でできる体制を整えています。 口座開設やIPO参加に関するサポートサービスは、当面、「カンボジア株式ニュース」の読者の皆様のみのご提供とさせていただきますので、これらにご興味のある方は、「カンボジア株式ニュース」のご購読をお勧めいたします(実名等は「カンボジア株式ニュース」2月8日号にて取り上げます)。
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

『カンボジア株式ニュース』
日本では手に入らないカンボジアの情報を、日本語で読める日本初のカンボジア株式に特化したニュースレターです。カンボジア証券取引所は7月11日にソフトオープンし、実際の取引は今年の4月の予定となりましたが、今後も続々と独自の記事を掲載して参ります。この機会にどうぞご購読をご検討ください。 

『カンボジア株式ニュース』詳細・購入はこちらから!
http://www.worldstock.jp/cart/12.html


下のボタンをお押しください。


人気ブログランキングへ
[PR]

by mongolia-kabu | 2012-02-01 23:20