<   2012年 03月 ( 1 )   > この月の画像一覧

2012年 03月 11日
モンゴル、Erdenes Tavan Tolgoi上場延期
Financial Times 紙3/8/2012 は、モンゴルの石炭企業のErdenes Tavan Tolgoiのこの春の上場が少なくとも6カ月延期になったと報じている。規制や今年の総選挙の影響であるとされている。
昨年のモンゴルのGDPは86億ドル(約6,970億円)で、17.3%の成長となった。金、銅、石炭、その他鉱物の開発が大規模に進んできている。

Erdenes Tavan Tolgoiの上場はロンドン、香港、モンゴルと異例の3市場で上場する計画である。企業価値は100億ドル(約8,100億円)程度と見られている。当初は3~4月の上場予定であった。この上場は9月まで先延ばしとなる模様である。新たな証券法が制定されることが必要とされている。
延期のもう1つの理由は、Tavan Tolgoi石炭鉱床の西側部分(今回のIPOの対象となっていない地域)の入札の不手際である。西側の地域の事業者が不確定で、本来インフラは西側と東側で共有することになっており、IPOの部分の東側の評価に影響する。昨年の8月には西側の鉱区は中国のShenhua、米国のPeabody、モンゴル、ロシアのグループが事業者としてほぼ決まっていた。しかし、その決定は不確実になり、今週、モンゴルの首相は西側の鉱区の問題の話し合いはストップしていると話している。

このIPOの大きな問題は、6月末の国会総選挙を控えての政治的緊張である。この1月に、野党は連立政権から脱退し、Tavan Tolgoiの問題は選挙の話題になってしまった。

上場はロンドンとモンゴルが同時に行われ、香港がそれに続く予定である。(by モンゴル株ドットコム)


下のボタンをお押しください。


人気ブログランキングへ
[PR]

by mongolia-kabu | 2012-03-11 09:11 | 証券市場