<   2012年 12月 ( 3 )   > この月の画像一覧

2012年 12月 30日
モンゴル、経済の冷え込み
South China Morning Post紙12/24/2012は、世界でも有数の成長国のモンゴルが、外国投資や世界経済の影響で冷え込んでいると報じている。世界銀行の報告では、モンゴル経済の成長は、昨年の18%から今年第一四半期は16.5%、第二11%に落ち込んでいるとしている。

成長の主な要因は銅、金鉱山のOyu Tolgoiの開発である。来年より商業生産ベースに乗り、生産高は拡大する。しかし、今年の第三四半期の状況は芳しくなく、90%を占める中国向け石炭、金属の輸出が年初来で39%減である。この減少は、2009年以来の低迷である。モンゴルの石炭、鉄鉱石、の輸出はここ数カ月一桁台の伸びで推移している。


モンゴル株式指数トップ20は今年の6月選挙以来20%の下落である。MSCI世界指数の5.8%増よりも成績は悪い。Firebird Fundによれば、今年の新外国投資法が制定されて以来、鉱業、銀行などの戦略的分野への株式投資は一切していないという。数百億円のファンド資金はあるものの。

外国直接投資においては、2009年は5億7,000万ドル、2010年16億3,000万ドル、昨年は38万ドルであった。今年は、5月3億8,000万ドル、6月3億ドル、7月1億ドル、8月2億7,000万ドルと芳しくない。

(by モンゴル株ドットコム)

下のボタンをお押しください。

人気ブログランキングへ
[PR]

by mongolia-kabu | 2012-12-30 20:18 | 経済
2012年 12月 30日
モンゴル、国債の急落
Financial Times紙12/10/2012 は、モンゴル人民革命党が連立を解除する恐れがあるというニュースで一時的に債券市場でパニックが起こったと報じている。これにより、モンゴル国債の利回りは8%に上昇した。
Moody’sはこれに対して、このような地方政府の話は直接的な問題ではないとしている。連立が解消されても過半数の民主党が政治的力を保持すると見られる。国会はこのまま機能すると見られている。

それよりも重要なのは投資法や財政的な安定である。十分な投資法はインフラ融資を受けるためにも必要で、外国投資の流入の促進が重要である。財政安定化法も必要とされている。


(by モンゴル株ドットコム)

下のボタンをお押しください。

人気ブログランキングへ
[PR]

by mongolia-kabu | 2012-12-30 09:15 | 金融
2012年 12月 16日
日本初!「ミャンマー・コンドミニアム不動産投資セミナー」視察報告!/プレゼントのお知らせ
モンゴル株ドットコムを運営するワールドストックJP(東京都中央区)は、日本で初めてミャンマーのコンドミニアムに関するセミナーを開催いたします。

日本初!「ミャンマー・コンドミニアム不動産投資セミナー」視察報告!/プレゼントのお知らせ

◆実際のミャンマーのコンドミニアム事情!
本セミナーでは、大都市ヤンゴンの7か所のコンドミニアム情報をお伝えします。
取引や税金に加え、購入契約書の本物、
多数の物件パンフレット(参考資料)をご覧いただけます!

◆うれしいプレゼントがつく!
12月のセミナーにご参加いただいた方には、
投資ブック『ミャンマーの概観・不動産レポート』
(仮称、来年1月発行予定、予定価格9800円、PDF版)
を無料でプレゼントします。

世代をこえて保有できる資産。
世界中が注目しているマーケット。

円安傾向が強まるいまだからこそ、
いっしょに真剣に考えてみませんか?

■講演:「ミャンマー・コンドミニアム不動産投資セミナー」 

■開催日・時間 

2012年12月22日(土) 09:30-12:00
2012年12月23日(日) 09:30-12:00
2012年12月26日(水) 13:30-16:00

※3日とも同じ内容です。 

■会場:ウィズビジネスセンター会議室 (東京都中央区日本橋3-3-3 八重洲山川ビル6F)

■定員: 各回、定員30名

■予約:  事前のご予約と参加費用のご入金が必須です。

■ご予約URL: http://www.worldstock.jp/cart/24.html

■参加費用:  16,800円(税込) 




   <<<<<<<<<<<<<<<<【講演の詳細(予定)】<<<<<<<<<<<<<


■講演:「ミャンマー・コンドミニアム不動産投資セミナー」 
(講師: ワールドストックJP代表 松岡 譲) 


【第1部】ミャンマーの基本情報

●なぜ、いま、ミャンマーなのか?
アジアの資源大国は軍事政権によって長年封印されてきた
天然資源、労働力、地政学的優位性
政府の民主化、2010年の選挙以降の流れ

●経済概観
基本情報とマクロ経済統計
外国投資の中国突出は深刻な懸念だった
アジア型の輸出主導の成長

【第2部】注目のミャンマー不動産投資

●コンドミニアム投資とは?
証券市場は2015年の設立予定
外国人は土地、不動産の投資が禁止
でも、実際は外国人が買っていた!

●実際のコンドミニアム事例
ヤンゴンは建設ラッシュだった
有名な開発業者FMIは過去の名声か
現地コンドミニアムの訪問事例

●実際の契約
現地調査で見えた不動産取引の流儀
手付金、引き渡し、送金
完成前の転売?
日本人をねらった詐欺にご用心

【第3部】徹底研究 ミャンマー関連株

●ミャンマーへの株式投資はどうなの?
ジム・ロジャースはYES,マーク・モビアスはNO!?
本命・不動産銘柄の『ヨーマ・ストラテジー』の財務分析をしてみよう!
国内・外国市場で買えるミャンマー関連約10銘柄


※ご希望者にはヤンゴン市をめぐる「ミャンマー・コンドミニアム視察ツアー」のご紹介をさせていただきます。
e0219813_17353343.jpg


(by モンゴル株ドットコム)

下のボタンをお押しください。

人気ブログランキングへ
[PR]

by mongolia-kabu | 2012-12-16 11:06